設立の趣旨

 守谷市は平成18年に守谷市協働のまちづくり推進条例と守谷市協働のまちづくり推進指針を制定し、市民と市が協働のまちづくりを推進することで、公益の増進を図り、個性豊かで活力ある地域社会の実現を目指しています。
この指針では、協働のまちづくりの推進への取り組みを確実に実施していくために、市が運営している市民活動支援センター機能等を拡充していくことが必要としています。

 私たちは、守谷市の協働のまちづくりを効果的・効率的に行うため、特定非営利活動法人を設立し、まちづくりに関する調査研究,まちづくりに係わるイベントや催し物の開催,まちづくりに係わる他のNPOや市民活動団体の交流,まちづくりに関する情報収集・発信,まちづくりに係わる人材データベース構築等の協働のまちづくりに関する運営支援事業及び協働のまちづくりに参加する個人や団体の支援に関する事業を行い、守谷市民に対して守谷に住んでよかった・住み続けたいと心から思えるまちづくりをしたいと考えています。 

 この法人の活動は営利を目的としていないこと及び広く地域の人たちの協力を得て実施していくことから、特定非営利活動法人が適切と考え、NPO法人協働もりやを設立することとしました。 

平成25年11月5日

設立発起人代表
髙木 保